ムシキャパの機能

ムシキャパは飛来昆虫のもつ正の走光性を利用して、積極的に誘引捕獲する機能を持っています。ライトを灯しておくだけで、虫が活発になる夕刻から夜の間、安全・静かに捕虫します。
ユスリカをはじめ、ガやコバエなどの羽虫は飛翔性害虫として不快なだけでなく、大量の死骸はアレルギー症状の要因と報告されており、「ユスリカ喘息」等の呼吸器疾患も発生しています。
ムシキャパはカフェなどの商空間における衛生管理を助け、また、薬剤散布のできない小さな子供のいる家庭の中でもしっかりと活躍しています。

*ユスリカ
ユスリカはハエ目ユスリカ科に属する体長1〜5mm昆虫。
主に屋外の水場で発生し大群の蚊柱となって飛んでいる。
「蚊」に似ているが、刺すことはなく不快な害虫としてあげられることが多い。

*コバエ
「コバエ」 は正式な名称ではなく、ショウジョウバエ、ノミバエ、チョウバエなどの体長3〜10mm程度の小さなハエの俗称。
台所、浴室など湿気と腐食物のある場所に卵を産んで繁殖する。

 

MUSCICAPA ムシキャパ MAIN